保育士の声 REPORT

保育の楽しさや魅力など現役保育士の仕事への思いを紹介。
1日のタイムスケジュールも!

現場取材レポート

五日市すみれこども園

五日市すみれこども園 勤続6年

保育教諭 澤岡 志保 先生

「世話好きだから、保育士が向いている」と友人に言われたことがきっかけで保育の世界をめざす。幼稚園や保育園などで経験を積んだ後、出産で仕事から離れるが、下の子どもが1歳のときに復帰。12歳の長女、11歳の二女、9歳の長男を育てながら、副主任として困っているクラスをサポートしている。(2021年9月取材)

レポートを見る

結婚を機に小学校講師から保育士になった先生

西条みづき認定こども園 勤続11年

保育教諭 相森 美妃 先生

小学校の臨時採用の講師として働いていたが、結婚を機に広島へ。広島でも子どもと関わる仕事に就きたいと妊娠中に独学で保育士資格を取り、園が認定こども園になることが決まったことを契機に勤務しながら国の特例制度を利用して幼稚園教諭の免許も取得。子育てが落ち着いた3年前にパートから常勤に。高校2年の長男、中学3年の二男、中学1年の長女のママ。(2021年8月取材)

レポートを見る

産休・育休から復職し、年少の担任として奮闘する先生

おさんぽ保育園 勤続7年

保育士 矢田 花 先生

「アロハ〜」と明るく声をかけてくれていた保育園時代の担任に憧れ、保育士に。産休・育休を約1年間取得して、今年4月に復職。6月から個性豊かな12人の年少(3歳児)を担任として受けもつ。7時間の時短勤務と、1歳の娘の子育てを両立するため奮闘中。(2021年6月取材)

レポートを見る

アンケート箱を設置して園の改善に取り組む先生

あおい保育園 勤続7年

保育士 貫目 愛 先生

歳が離れた弟の世話や、高校の職場体験学習などで保育に興味をもつ。社会福祉士をめざしていた時期もあるが、保育士の道へ。結婚や出産後も三原市・東広島市・廿日市市などの園で働き、7年前にあおい保育園を運営する「葵新生会」に入職。保育士歴は約15年で、小学6年生の娘と小学3年生の息子のママ。(2021年2月取材)

レポートを見る

事務職から保育士に転職した先生

常石すくすくハウス 勤続2年

保育士 野島 藍 先生

8歳と5歳の女の子を育てながら、11:00〜16:00のパートタイムで働くママ。出産前は自動車関連会社などで事務の仕事に就き、出産後は子育てに専念するため専業主婦に。下の子が2歳を迎えたのを機に、独学で保育士資格を取得。(2021年2月取材)

レポートを見る

5歳児の副担と加配を兼任する1年目の先生

公私連携型保育所 丸石保育園 勤続10ヶ月

保育士 松岡 瑠菜 先生

母親も現役保育士で、産休・育休をとりながら生き生き働く姿を間近で見て、「楽しそう」「子どもが好きなので良い仕事だな」と感じていました。中学の職場体験で保育の楽しさを実感し、本格的にめざし始めました。(2021年2月取材)

レポートを見る

0歳児クラスを受けもつ1年目の先生

公私連携型保育所 丸石保育園 勤続10ヶ月

保育士 大久保 美穂 先生

「楽しそうな仕事だな」と中学生で保育士に興味を持ちました。職場体験を経て、高校では自主実習をさせていただき、そこの保育園で私が園児のときの担任の先生と偶然に再会し、先生が私の名前や好きだった食べ物を覚えてくれていることに感動しました。「将来、肩を並べて働けたらいいね」と声をかけてもらい、保育士になることを決意しました。(2021年2月取材)

レポートを見る

子育てしながら保育士に復帰した先生

認定こども園五日市乳児保育園 勤続9ヶ月

保育士 尼子 絵理 先生

「先生」という職業への憧れと、小さい子どもが好きな母親の影響で保育士の道へ。8年間公立保育園で働き、第一子の出産のため退職。2020年4月に保育士として復帰して、1歳児を受けもっている。7歳の男の子、3歳の女の子を育てながら、6時間勤務をするワーキングママ。(2021年1月取材)

レポートを見る

大阪から因島の園に就職した先生

因島北認定こども園 勤続10ヶ月

保育教諭 足立 桃香 先生

8歳年下の妹の世話をするうちに、子どもに関わる仕事がしたいと思うようになり保育士を志望。大阪府出身、奈良県の短期大学で学ぶ。2020年4月に因島北認定こども園に入職し、2歳児の担任として10人の園児を先輩と2人で受けもつ。ポルノグラフィティの大ファン。(2021年2月取材)

レポートを見る

40代で保育士資格を取得した先生

廿日市保育園 勤続2年

保育士 長尾 貴美恵 先生

40代から勉強を始め、保育士試験で資格を取得。2020年4月に廿日市保育園が開園することを知り、「新しい園でみんなと一からつくっていきたい!」と志望。開園までグループ園の廿日市くじら保育園に勤務し、そのあと廿日市保育園に異動して2歳児を受けもっている。高校生の娘と中学生の息子のママ。(2021年1月取材)

レポートを見る

お気軽にお問い合わせください CONTACT

お問い合わせ

「ハタラクほいく」ホームページのご意見をお聞かせください。

広島県健康福祉局安心保育推進課

TEL:082-513-3174 FAX:082-502-3674

受付 8:30〜17:15(土・日・祝日を除く)