REPORT ほいくの現場レポート

vol.09

保育士レポート 2歳児担任

順正寺こども園 勤続2年

保育教諭

山本 優季先生

母も保育士で、幼いころから母が子どもと遊ぶ姿や、家で楽しそうに保育準備をする様子を見て育ち、自分も保育士になりたいと自然に思うように。夢をかなえてからは、毎日が楽しくて天職だと実感する日々。2歳児クラスの担任。

Q.仕事に就いて分かったことは?

私たちにとっては何気ない日常生活でも、子どもにはキラキラとした発見や学びが詰まっているということを知りました。だから、子どもの興味は移ろいやすいので、よ〜く観察することが大切。それを実感した出来事が、保育の本を見て作ったペットボトルのおもちゃを1、2回しか遊んでもらえなかったこと。子どもの思いを観察する視点が欠けていて、興味に寄り添うものではなかったことに気づきました。

Q.子どもから学んだことは?

ある女の子が泣いていて、どんなに声をかけても心を開いてくれません。すると男の子がやってきて、隣に座り笑顔が戻るまで黙って頭をなでていました。そのとき、「子どもがほしいのは、その時々の心もちに共感してくれる先生である」という倉橋惣三さんの言葉を思い出しました。人は理由も分からず悲しくなることもある。そういう時はただ隣で共感してくれる人が必要なんだ! 学生のときに学んだことが実感として分かった瞬間でした。

Q.仕事で心がけていることは?

子どもたちが帰ったあとに、その日の自分の保育を振り返るようにしています。「○○ちゃんに少し強めに注意してしまったのは、本当は私に余裕がなかったからなのでは?」と自分の行動を冷静にみて、明日の自分が今日より一歩前に進めるよう努めています。振り返ることは見たくない自分を見ることになるので悩むことはありますが、日々前進できるため思い悩むことはありません!

1日のスケジュール

08:30

お仕事開始

子どもたちが登園してきたら、楽しい1日がスタート!
保護者には、園での姿を記したドキュメンテーションなどで小まめに子どもの様子をお伝えします。

11:00

給食、記録書類の作成

子どもたちと一緒に「いただきま〜す!」。
給食がすんだら、子どもたちは好きな本を選んで読書をして、午睡に。
子どもたちの午睡中に、連絡ノートなど記録書類の記入をします!

15:00

おやつ、遊びタイム

園でつくっているおやつを食べたら、お迎えまで子どもたちはお遊びタイム!
自由保育なので、子どもが自由に遊びながら主体性を養う姿を見守ります。
手袋シアターなどをすることも。

17:00

子どもたち降園

子どもたちが帰ったら、今日の自分の保育を振り返りながら、お片づけ。
一緒に担任をしている先生たちとの情報交換も欠かしません!


※時差出勤のため、毎日スケジュールは異なります

お仕事終了

メッセージ

保育士って「忙しい」「書類が多い」「保護者対応が大変」な仕事だと思っていませんか? 忙しいと感じるのは時間に追われているからで考え方次第かも! 書類は書き方にとらわれ過ぎず、子どもの成長記録だと思えばスラスラ書けますよ! 保護者とは子どものことを通じて会話をすると関係性が築けます! 私は保育士になって、楽しくないと思った日は1日もありませんよ‼︎

CONTACT お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

広島県健康福祉局安心保育推進課

TEL:082-513-3174 FAX:082-502-3674

受付 8:30〜17:15(土・日・祝日を除く)