REPORT ほいくの現場レポート

vol.19

営業職から保育士に転職

うじな保育園 勤続10年

幼児リーダー

岡本 章人 先生

情報系専門学校を卒業して、一般企業で3年間働いた後、保育士に転身。
それまで保育の勉強をしたことはなかったけれど、託児所で働きながら独学で資格を取得して、念願の保育士に。
3時間かけて手書きで作成している園だよりは、写真のようにリアルなイラストが載り、多くの保護者が毎月楽しみにしているそう。

Q.なぜ、前職と全く違う仕事を選んだのですか?

建設会社で営業を3年間していたけど、スーツを着る仕事が合わないとずっと感じていて・・・(汗)。自分が得意な『器械体操』『もの作り』『音楽』が生かせる仕事は何?って考えたときに、保育士が浮かんだんです。
小さいころから子どもが好きだったし、高校のときの保育実習でやりがいを感じたことも思い出し、「これだ!」って思いました。

Q.ピアノは得意ですか?

ギターはやっていたけど、ピアノは弾いたことがなくて、今でも苦手(笑)。だから、日常の保育でも、行事でも、ピアノの代わりに僕はギター! 園庭に持って出て子どもたちと歌ったり、ときにはピアノが得意な先生と一緒に、主旋律はピアノ・伴奏はギターで演奏したりすることも。
子どもとコミュニケーションがとれればピアノじゃなくてもOKですよ。

Q.男性は働きにくいですか?

保育士になる前も、なった後も、男性ということをあまり意識したことはないかな(笑)。『高い高い』や『鉄棒』とか力がいる遊びは、僕となら思いっ切りできるからすっごく喜んでくれる。保育には男性の方が得意なこともたくさんあるので、僕ができることを精一杯やっているよ。
それから、世間一般では給料が低いイメージがあるようだけど、研修で知り合った男性の先生の中には、結婚している人や、子ども2人を育てている人もいるよ。

1日のスケジュール

07:15

お仕事開始

受け入れ準備をして朝の受け入れ。
園庭での自由遊びや幼児全体での朝のお集まり、サーキット運動などで体を動かすよ。

※サーキット運動は早稲田大学・前橋明教授の監修による遊具を使って、走る・登る・わたる・滑る・つかむなどを組み合わせた動きを毎日3分間する運動で、子どもたちも大好き。

10:00

今日の活動

図画の製作や遊戯室での運動、園庭で体力づくりをするよ。

運動遊びとクライミングウォールは必ず取り入れているんだ。製作は月ごとにテーマを設定して挑戦! 今月のテーマは「はさみ」。 上手にチョキチョキできるように遊びながら練習。

11:30

給食、午睡

子どもたちが午睡をしている間に、日誌などの書類仕事。ほっと休憩も。

15:00

おやつ、夕方のお集まり、居残り保育、延長保育

おやつを食べたら、降園の準備。
子どもたちは体操着入れBOXから持ち物を取り出して、持って帰るよ。

体操着入れBOXは、なんと岡本先生の手づくり!
ほかにも教室には、先生お手製のゴミ箱や収納棚などが並び、子どもたちが使いやすく工夫されているよ。

19:30

お仕事終了

イベントの準備や前日の仕込み以外、残業はほとんどなし!



※時差出勤のため、毎日スケジュールは異なります

お仕事終了

メッセージ

一般企業と迷っているのなら、処遇・休み・有給・福利厚生面はそんなに変わらないから、自分が好きな道を進むといいんじゃないかな。
子どもにいろんな個性があるように、自分のどんな特技でも生かせる場が必ずあるので、あなたの強みを武器に子どもと過ごす時間を楽しんで!

CONTACT お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

広島県健康福祉局安心保育推進課

TEL:082-513-3174 FAX:082-502-3674

受付 8:30〜17:15(土・日・祝日を除く)