保育士の声 REPORT

voice

子育てしながら保育士に復帰した先生

認定こども園五日市乳児保育園 勤続9ヶ月

保育士

尼子 絵理 先生

「先生」という職業への憧れと、小さい子どもが好きな母親の影響で保育士の道へ。8年間公立保育園で働き、第一子の出産のため退職。2020年4月に保育士として復帰して、1歳児を受けもっている。7歳の男の子、3歳の女の子を育てながら、6時間勤務をするワーキングママ。(2021年1月取材)

Q.復帰したきっかけは?

「自分の子どもの初めての成長や発達・経験は、自分の目で見たい!」と思って、上の子の出産で退職しました。でも、保育士の仕事が好きでいつか戻りたいと思っていたので、上の子が小学校に入学し、下の子が集団生活をする年少になったのを機に復帰。子育てを経験して保育に対する視点も変わり、それを生かしたいと思っています。

Q.求職活動は?

小さい子どもがいるのでハローワークに通えず困っていたら、保育士の友達が「広島県保育士人材バンクに登録するといいよ」と教えてくれました。「どの時間帯で働きたい?」「気になる園があれば、求人がなくても聞いてみるよ」とバンクの支援員さんに私の希望を引き出してもらい、この園を見学。子どもを連れて見学できるようにしてもらえたのは助かりました!

Q.復帰して良かったと思ったことは?

2歳7ヶ月の女の子がズボンを履こうとしているときのこと。自分でなんでもやりたい年齢のためしばらく見守っていると、ズボンの片方に両足を入れてしまいました。「もうひとつの足はこっちよ」と教えて、お尻の下から上に引き上げる手伝いをすると「せんせい、ありがとう」と自然に返してくれました。小さい子の何気ない一言ですが、保育の喜びを改めて感じました。

Q.子育ての経験をどう生かしたい?

子どもが通っている幼稚園で、先生にわが子の様子をお聞きしたいけれど、忙しいから迷惑かもしれないと思うことがありました。自分の子を預けてみると、年少は自分の思いや感じたことを上手く伝えられず、子どもから園での様子を知るのが難しいことを実感。どんな小さなことでも、丁寧に詳しく教えて欲しいという保護者の気持ちが分かりました。

メッセージ

入職前の見学で副園長先生に「まずは、自分の子どものことを第一に考えてくださいね」と声をかけてもらい、この園に決めました。でも、新型コロナウイルスで小学校が休校になるなど予想外のことが起こり、仕事をこなすことで精一杯・・・。子育て中の方は、子どもが休んだときのサポートはあるか、自分の時間をどれくらい持ちたいかなど考えて、園と相談しながら自分が生き生き過ごせる方法を見つけて。余裕のある働き方は、わが子に優しくできますよ!!

お気軽にお問い合わせください CONTACT

お問い合わせ

「ハタラクほいく」ホームページのご意見をお聞かせください。

広島県健康福祉局安心保育推進課

TEL:082-513-3174 FAX:082-502-3674

受付 8:30〜17:15(土・日・祝日を除く)